• ホーム
  • 組合について
  • 外国人技能実習制度
  • 外国人受入れ企業様の声
  • よくわかるQ&A
  • お問合せ・資料請求

ホーム組合について組織概要・沿革

組合について
  • ご挨拶・事業目的
  • 組合概要・沿革
  • 組合加入手続き
  • 安心のサポート体制
  • サポートスタッフの声
  • お問合せ・資料請求

外国人技能実習制度
  • 制度のあらまし
  • 制度の仕組み
  • 手続きの流れ
  • 現地面接から帰国までの流れ
  • 技能実習制度を最大活用するプログラム
  • 技能実習生外国人受入れ経費明細について

受入れ企業様の声
広進工業(株)
(株)トヨックス
(株)森田木工所
第一交易(株)

よくわかるQ&A
  • 入国・在留手続き総論
  • 外国人技能実習生の外国人受入れに関する諸規定
  • 団体監理型技能実習生の入国手続き

新しい技能実習制度
ご存知ですか?新しい技能実習制度

ストップ不正

サポート担当者の声

サポート担当者の声

組合概要

名称 富山国際交流促進事業協同組合
所在地 〒939-8045
富山県富山市本郷町104番地
電話番号 076(464)3241
FAX 076(464)3242
ホームページ www.toyama-apt.com
組合員企業 富山県内企業20社余り
設立年月日 1992年10月22日
理事長(代表理事) 尾谷清光 オダニホーム椛纒\取締役
特別の法人無料
職業紹介事業届出
届出受理番号:16−特―000013
届出受理年月日:2010年5月31日
事業の主な目的
  1. 組合員の国際交流促進のための調査・研究
  2. 組合員のためにする外国人技能実習生共同受入事業
  3. 外国人技能実習生受入れに係る職業紹介事業
  4. 組合員の事業に必要な事務用品の共同購買
  5. 組合員のためにする共同求人
  6. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための情報の提供
  7. 組合員の福利厚生に関する事業
  8. 全各号の事業に付帯する事業
組合(監理団体)の役割
  1. 技能実習生の入国後3か月に1回以上、役員による実習実施機関に対する監査等を行う、入国管理局への定期監査報告の実施
  2. 技能実習生に対する相談体制を確保
  3. 技能実習1号期間中、1か月1回以上役職員による実習実施機関への訪問指導の実施
  4. 技能実習生の入国直後の講習の実施
  5. 技能実習生の入国・在留、技能実習2号への移行などの申請手続き及び必要書類等の作成
  6. 技能実習生の帰国旅費及び技能実習生宿舎の確保、労働保険等の保障措置


沿革

当組合は1992年10月、組合員企業の強い要望により、富山県内の製造・建設業界を主とした異業種の協同組合として富山市に設立されました。 1993年5月の「外国人研修・技能実習制度」(当時)のもと、中国からの外国人研修生の受入を開始し、現在まで受入れ総数は5百数十名余りとなり、それぞれ組合員企業にて活動しております。
主な職種、業種としましては、製造・建設業関係で具体的には鋳物製造業、プラスチック製品製造業、機械加工製品製造業、家具製品製造業、建設業(とび、配管、左官、鉄筋施工)など多種多様です。

2007年11月には、富山県中小企業団体中央会富山県大会において、当組合のこの事業に対する功績が認められ優良企業として表彰されるという栄誉も頂戴いたしました。

2010年7月より入管法の一部改正により、あらたに「外国人技能実習制度」が施行されました。
技能実習生は日本人労働者と同じく労働関係法令、労働・社会保険関係法令.が適用されました。技能実習生の法的保護、その法的地位の安定を図るためあらたに「外国人技能実習制度」が施行され、監理団体の役割が非常に重要なものとなりました。

新制度では、監理団体(当組合)による実習実施機関(組合員企業)に対する指導・監督及び支援体制の強化などが求められております。

技能実習生を受入れるには当組合も監理団体として、国外にわたる職業紹介事業を行うことになり、2010年5月無料職業紹介(特別の法人無料職業紹介事業)の届出も済ませ、2011年1月には第1次受入れ技能実習生として受入れを実施しました。



TOPへ戻る