• ホーム
  • 組合について
  • 外国人技能実習制度
  • 外国人受入れ企業様の声
  • よくわかるQ&A
  • お問合せ・資料請求

ホーム外国人技能実習制度現地面接から帰国までの流れ

組合について
  • ご挨拶・事業目的
  • 組合概要・沿革
  • 組合加入手続き
  • 安心のサポート体制
  • サポートスタッフの声
  • お問合せ・資料請求

外国人技能実習制度
  • 制度のあらまし
  • 制度の仕組み
  • 手続きの流れ
  • 現地面接から帰国までの流れ
  • 技能実習制度を最大活用するプログラム
  • 技能実習生外国人受入れ経費明細について

受入れ企業様の声
広進工業(株)
(株)トヨックス
(株)森田木工所
第一交易(株)

よくわかるQ&A
  • 入国・在留手続き総論
  • 外国人技能実習生の受入れに関する諸規定
  • 外国人技能実習生の外国人受入れに関する諸規定

新しい技能実習制度
ご存知ですか?新しい技能実習制度

ストップ不正

サポート担当者の声

サポート担当者の声

現地面接から帰国までの流れ

現地面接から入国まで
入国から帰国まで

受入れの申込み

技能実習生の受入れ希望企業(実習実施機関)より≪外国人技能実習受入申込書≫の提出、送出し機関へ連絡、現地面接日程の調整等



現地面接選考のため中国へ

富山空港出発の場合 (別ルート:関西空港 ⇔ 瀋陽空港)

 ☞ 富山空港 出発(出発2時間前集合)
    ↓
 ☞ 大連空港 現地到着(大連市内にて宿泊)
   翌日、現地面接選考会場へ(瀋陽市、鉄嶺市)移動

【現地面接手順】
送出し機関は、事前に技能実習生に係る要件を満たした者の書類審査及び本人面接等を行い、受入れ希望人数の約2〜3倍程度を目安に候補者を選抜し、受入れ企業の現地面接選考に備える

  1. YG性格検査 ⇒ 日本に持ち帰り採点
  2. 視力検査 ⇒ 1.0以上
  3. 筆記試験
  4. 本人面接試験
  5. 各業種別の技能テストの実施
    【技能テスト例:旋盤工の場合】
    当日は図面を読み取り、製品を仕上げる ⇒ 製品は日本に持ち帰り、技能実習生の決定を行う

現地面接終了後、大連市へ移動(大連市内宿泊)
 ☞ 大連空港 現地出発
    ↓
 ☞ 富山空港 到着

帰国後、技能実習生の決定 ⇒ 送出し機関へ連絡、雇用契約書等の締結、入国に必要な申請書類の作成等に入る



在留資格認定許可証明書交付申請

技能実習生を受け入れようとする監理団体、ならびに実習実施機関は在留資格認定証明書の交付申請をJITCO(名古屋駐在事務所)申請取次ぎを依頼し、地方(名古屋)入国管理局へ提出



「在留資格認定許可証明書」が交付され、受入れ準備に入る

  1. 入国日時の決定
  2. 宿舎施設、生活用品等について準備
  3. 家電製品等の確認
  4. 自転車、布団、炊事用品関係
  5. 入国時の簡単な食事の手配
  6. 講習期間中の交通(JR)手段について
  7. 講習手当6万円の支給


来日当日の様子
来日当日の様子
来日当日の様子
来日当日の様子



来日当日の様子
来日当日の様子



宿舎にて備品説明
宿舎にて備品説明
宿舎にて備品説明





TOPへ戻る
現地面接から入国まで
入国から帰国まで

入国 在留資格:技能実習1号ロ

当日は、富山空港(入国審査、上陸許可)へ受入れ企業と組合職員が出迎え、各宿舎へ案内(通訳同行)、宿舎や翌日からの講習についての注意事項の説明



講習

  1. 日本語
  2. 本邦での生活一般に関する知識
  3. 技能実習生の法的保護に必要な情報
  4. 本邦での円滑な技能等の修得に資する知識

※ 3の講義については、専門知識を有する外部講師が行うこと
※ 講習期間中、消防署において「防火・救急についての講習」や自転車交通ルールの体験講習等の実施
※ 実習実施機関から事前に提供された業種・職種に応じた専門用語・現場指示用語・安全衛生等についての講習の実施


≪「技能実習1号ロ」(講習期間を除く)及び「技能実習2号ロ」期間中の処遇≫

  1. 技能実習条件の明示
  2. 雇用契約の適正な締結
  3. 労働時間の取扱い
  4. 賃金の適正な支払
  5. 労働関係法令等の遵守
  6. 安全衛生と保険措置
  7. 労働組合等との協議


「技能実習2号」への移行手続き

  • 「技能実習1号ロ」から「技能実習2号ロ」への移行が認められるためには、以下の2つの評価をクリアするとともに、在留状況が良好であると評価させることが必要
  • 技能実習2号移行関係申請書類を整え、技能実習1号期間終了の4か月前までにJITCO(富山駐在事務所)に対し申請書類を提出

@修得技能の評価
「技能実習2号」へ移行を希望する技能実習生は、移行対象職種・作業等に係る国の技能検定試験(基礎2級)またはJITCO認定による公的評価システムに基づく評価試験の合格が必要


A技能実習計画の評価
「技能実習2号ロ」の技能実習実施計画書等が@の修得技能等の評価を踏まえ、適正なものであると認められること。



「在留資格変更」(1号⇒2号)手続き (在留資格:技能実習2号ロ(1年目))

「技能実習2号ロ」へ移行するための在留資格変更許可申請書類を整え、技能実習1号が終了する1か月半から2か月前までにJITCO(名古屋駐在事務所)へ申請取次ぎを依頼、地方(名古屋)入国管理局へ提出
許可後に技能実習2号移行報告書をJITCO(富山駐在事務所)へ提出



在留期間(2号:1年目⇒2号:2年目)更新手続き 在留資格:技能実習2号ロ(2年目)

在留期間更新許可申請書類を整えて、技能実習2号(1年目)の在留期間が満了する1か月前までにJITCO(名古屋駐在事務所)へ申請取次ぎを依頼、地方(名古屋)入国管理局へ提出



帰国

帰国日時の決定、JITCOより技能実習修了者に対し、修了証明書が発行、帰国
帰国後、帰国報告書をJITCO(富山駐在事務所)及び地方(名古屋)入国管理局へそれぞれ提出





TOPへ戻る